庚申塔4 金山地蔵堂庚申塔

今回は品川区小山5丁目にある山谷八幡神社脇にある金山地蔵堂庚申塔です。 自宅から一番近いところにこんな庚申塔があったなんて今まで知りませんでした。子供のころからしょっちゅう来ていたのに。   八幡通りに面して立っています。 昔は舗装されていなかったのですが、八幡神社の立て替えなどと共に綺麗になったと思います。 ここには庚申塔3基と馬頭観音1基があります。 左から順番に…

続きを読む

庚申塔3 十七が坂上庚申塔

今回はばくろ坂上庚申塔群の近くにある十七が坂(じゅうしちがさか)上庚申塔です。 ばくろ坂を上ってきて交差点を左に曲がると十七が坂上になります。 ここも十七が坂というとおり坂があります。 十七が坂 『「十七」とは若者をさし、元気な若者達は回り道をせずに、この急坂を利用したことから名がついたという説や途中にある板碑型庚申塔に十七人の名が刻まれていることに関連するという説など、由来については…

続きを読む

庚申塔2 馬喰(ばくろ)坂上庚申塔群

半月のご無沙汰になります。 今回は目黒区内にある庚申塔のうち、馬喰(ばくろ)坂上庚申塔群を紹介します。 ばくろ坂上というぐらいですから当然坂の上にあります。 『目黒の古い方言で風雨にさらされ地面に穴のあいた状態を「ばくろ」といった。この坂にはこの「ばくろ」が多かったので「ばくろ坂」と呼ぶようになったといわれる。馬喰とは当て字である。』(標識の説明より) 「タモリのTOKYO坂道美学入…

続きを読む

庚申塔1 田道庚申塔、ひいらぎ庚申塔

新シリーズを始めます。 目黒区内には庚申塔が非常にたくさんあり、これまでに歩き回ってきた中で撮り貯めてきた写真を順に掲載していきます。 庚申塔旧暦では60日ごとにくる、庚申(かのえさる)のの夜に眠ってしまうと人の体内にすんでいる三尸(さんし)という虫が天に昇り、天帝にその人の罪業を報告するという道教の教えがあり、罪状によっては天帝は人間の寿命を縮める。宿主が死ぬと三尸は鬼になれるので、懸…

続きを読む

高幡不動・だるま市

1月28日は初不動の日。 そこでどこへ行こうかと調べてみたら、高幡不動では初不動にだるま市をやっているではないですか! そこで、いざ高幡不動へ行ってきました! 電車を乗り継ぎ、京王線高幡不動へ。 駅に着くとすでに人の波。場所など知らなくてもご覧の通り流れに乗ってしまえば問題なし   こんなに人手のすごいものとは全く知らなかったので驚きです。   大香炉の前も順番待ち。祈願…

続きを読む

芝・増上寺その11

なかなか記事を落ち着いてまとめる時間が取れなくてご無沙汰してしまいました。 それでは久しぶりに増上寺編11回目です。 境内にある熊野神社と周囲にある門を紹介します。 熊野神社 元和十年(一六二四)、当寺第十三世正誉廓山上人が熊野権現を増上寺鎮守として東北の鬼門に勧請したもの。『熊野』は「クマノ」・「ユヤ」と二通りの呼称がありますが、当山では「ユヤ」権現として親しまれています。 …

続きを読む

芝・増上寺その10

ついに増上寺編が10回に到達。もうまもなく終了予定です。 それでは第10回。 今回は三門を入って左手にある石碑等を紹介します。 三門沿いに進んで奥まったところにあるのが阿波丸事件殉難者の碑です。 1945年(昭和20)4月1日にシンガポールから日本へ向けて航行中であった貨客船「阿波丸」が、アメリカ海軍の潜水艦「クイーンフィッシュ」の魚雷3本(4本との説もあり)を受け台湾海…

続きを読む

芝・増上寺その9

ご無沙汰してしまいました。今週はいろいろあって怒涛の1週間でした。 言い訳はこの辺で。増上寺編その9です。 今回は大殿の右側、東京タワーよりを案内します。 まず、安国殿より 安国殿 恵心僧都の作と伝えられる秘仏黒本尊(阿弥陀如来)が祀られています。黒本尊は家康公が深く尊崇し、そのご加護により度重なる災難を除け、戦の勝利を得たという霊験あらたかな阿弥陀如来像で、勝運・厄除けの仏様…

続きを読む

大凧揚げ in 晴海

今回は番外編 晴海埠頭で世界一の大凧を揚げるというイベント「大凧 世界への挑戦 2006」が1/8・9とやっているという事なので、どれぐらい大きいのか、ちゃんと上がるのか見学に行きました。 場所は都営大江戸線勝どき駅からすぐのトリトンスクエアと書いてあったので行ってみるととんでもない。こんな空き地のないところでやらないだろうと思ってたら、そこから歩いて晴海埠頭のほうまで行くことに。いやぁ、結…

続きを読む

芝・増上寺その8

増上寺編8回目です。 大殿裏にある徳川家霊廟周辺です。 増上寺墓地から階段を下りると左手に徳川霊廟があります。 その手前に4体並んだ四菩薩像があります。   四菩薩像 右から「普賢菩薩」(辰年守本尊)「地蔵菩薩」(子育地蔵)「虚空蔵菩薩」(丑寅守本尊)「文殊菩薩」(卯年守本尊)です。正嘉二年(1285)の作と伝えられる古い像です。 せっかく案内板があるのにこんなにみすぼら…

続きを読む