増上寺 徳川霊廟 その2

徳川霊廟内の宝塔を順番に紹介していきます。 並んでいる順番とは関係なく、徳川将軍の順番に紹介します。 1.2代将軍 徳川秀忠公夫妻 正面右側の宝塔(石塔)。 秀忠は徳川家康の第3子。天正7年(1579)に生まれ、寛永9年(1632)、54歳で逝去。台徳院廟に葬られました。 戦災で焼失する前は木造で大きいものであったが、現在は夫人崇源院と合祀(ごうし)されています。 院号 台徳院 …

続きを読む

増上寺 徳川霊廟 その1

以前、芝・増上寺を訪れた記事「芝・増上寺その8」で紹介した徳川霊廟ですが、 4月2日~8日の花まつりまで「春の特別行事」の一環として、徳川将軍家墓所の特別公開が行なわれていました。 折りしも東京に19年ぶりに4月の雪が舞ったその日、雪の降る直前に見学に行ってきました。 徳川家霊廟  増上寺は東京上野の東叡山寛永寺(天台宗)と共に徳川将軍家の菩提寺で、当山に埋葬されているのは、二代秀忠公…

続きを読む

芝・増上寺その11

なかなか記事を落ち着いてまとめる時間が取れなくてご無沙汰してしまいました。 それでは久しぶりに増上寺編11回目です。 境内にある熊野神社と周囲にある門を紹介します。 熊野神社 元和十年(一六二四)、当寺第十三世正誉廓山上人が熊野権現を増上寺鎮守として東北の鬼門に勧請したもの。『熊野』は「クマノ」・「ユヤ」と二通りの呼称がありますが、当山では「ユヤ」権現として親しまれています。 …

続きを読む

芝・増上寺その10

ついに増上寺編が10回に到達。もうまもなく終了予定です。 それでは第10回。 今回は三門を入って左手にある石碑等を紹介します。 三門沿いに進んで奥まったところにあるのが阿波丸事件殉難者の碑です。 1945年(昭和20)4月1日にシンガポールから日本へ向けて航行中であった貨客船「阿波丸」が、アメリカ海軍の潜水艦「クイーンフィッシュ」の魚雷3本(4本との説もあり)を受け台湾海…

続きを読む

芝・増上寺その9

ご無沙汰してしまいました。今週はいろいろあって怒涛の1週間でした。 言い訳はこの辺で。増上寺編その9です。 今回は大殿の右側、東京タワーよりを案内します。 まず、安国殿より 安国殿 恵心僧都の作と伝えられる秘仏黒本尊(阿弥陀如来)が祀られています。黒本尊は家康公が深く尊崇し、そのご加護により度重なる災難を除け、戦の勝利を得たという霊験あらたかな阿弥陀如来像で、勝運・厄除けの仏様…

続きを読む

芝・増上寺その8

増上寺編8回目です。 大殿裏にある徳川家霊廟周辺です。 増上寺墓地から階段を下りると左手に徳川霊廟があります。 その手前に4体並んだ四菩薩像があります。   四菩薩像 右から「普賢菩薩」(辰年守本尊)「地蔵菩薩」(子育地蔵)「虚空蔵菩薩」(丑寅守本尊)「文殊菩薩」(卯年守本尊)です。正嘉二年(1285)の作と伝えられる古い像です。 せっかく案内板があるのにこんなにみすぼら…

続きを読む

芝・増上寺その7

長くなってきましたが増上寺編はまだまだ続きます。それでは第8回。 今回は大殿の裏手に立ち並ぶものの特集。 大殿に沿って裏に回り、橋を渡って左手に進むとすぐ、貞恭庵があります   貞恭庵 十四代徳川家茂正室、皇女和宮ゆかりの茶室です。残念ながら中は見られませんでした。 貞恭庵の脇に清浄観世音菩薩像があります。   清淨観世音菩薩像 出自などはよくわかりませんが、…

続きを読む

芝・増上寺その6

年末年始と間が開きましたが増上寺編第6回です。 本殿の紹介まで進んだのでその周辺の建物を紹介します。 まず本殿と接してとなりにある光摂殿です。 光摂殿 二十一世紀になり「心を洗い、生きる力を育てる」ための講堂、道場として、光摂殿が完成しました。 平成13年(2003)に開扉式が行われたばかりなので新しく近代的な感じがします。 慈雲閣 黒門から入るとすぐ左手に…

続きを読む

芝・増上寺その5

ちょっと間が開きましたけど増上寺編第5回目です。 今回ようやく本殿である大殿です。 大殿 昭和49年、伝統的な寺院建築様式の中に現代建築の枠を結集して、大本山としての念仏道場、諸儀式法要の執行を十分に配慮した斬新な企画のもとに再建されたものです。本堂の本尊阿弥陀如来(室町期製作)は、両脇壇に高祖善導大師と宗祖法然上人の御像が祀られ、参拝される方々の厚い信仰をあつめています。 三…

続きを読む

芝・増上寺その4

芝・増上寺の第4回目です。 ようやく本堂にたどり着きます。 その前に下の階段の両脇に歌碑があります。歌碑はどちらも法然上人が詠んだものです。 左側にある歌碑   右側にある歌碑 そして下の階段を上がり、次の階段を上がる手前左手に幼少時の法然上人像があります。 本堂にたどり着きましたが、この続きはまた次回に。     

続きを読む

芝・増上寺その3

芝・増上寺の第3回目です。 増上寺は実にさまざまな碑や塔などがある大寺で、近年も新たに増えています。 今回は、三門をくぐってから本堂である大殿(だいでん)へ続く境内の左側を案内します。 三門をくぐってすぐ左手に聖観世音菩薩があり、その隣に仏足石があります。    聖観世音菩薩/仏足石/仏足石案内 聖観世音菩薩 ホテルニュージャパンの被災者の冥福を祈って建造されたものだ…

続きを読む

芝・増上寺その2

芝・増上寺の第2回目です。 東京タワーを後ろに控え、時代を映す貴重な場所です。 今回は、三門をくぐってから本堂である大殿(だいでん)へ続く境内を案内します。 三門から大殿までの距離は48間(およそ86m)。これは弥陀の48願に由来するそうです。 山門をくぐるとすぐ右手にあるのがグラント松と呼ばれるヒマラヤ杉です。 アメリカ合衆国第18代大統領グラント将軍が明治12年(187…

続きを読む

芝・増上寺その1

今回から新たな場所、芝公園界隈を散策します。 芝公園、言わずと知れた増上寺や東京タワーのあるところです。 増上寺 三縁山広度院 増上寺 浄土宗 大本山(ご本尊 阿弥陀如来・南無阿弥陀仏なむあみだぶつ) 開山は明徳4年(1393)酉誉聖聡(ゆうよしょうそう)上人によって、江戸貝塚(現在の千代田区紀尾井町)の地に、浄土宗正統根本念仏道場として創建されました。徳川家康の入府を受け江戸城の拡…

続きを読む