九品仏その4・その他

間があきましたけど久しぶりに九品仏編第4弾!そして今秋の九品仏編最終回です。 本堂横にある大銀杏 東京都指定の天然記念物のイチョウです。 東京都天然記念物のカヤの巨樹もあるそうですけど見落としました。 境内の鷺草園の脇にある手水 鷺草(サギソウ)が咲いていないので鷺草園は写してません。 鷺草にはここが奥沢城だった頃の悲話が伝わります。 その伝説に因んで、白鷺草は世田…

続きを読む

九品仏その3・本堂など

鐘楼 仁王門をくぐってすぐ左手にあります。 浄真寺の創建当時のものということで、都有形文化財に指定されています。 本堂(竜護殿) 仁王門をくぐって右手前方。正面には三仏堂があります。 1698年建立。江戸時代作の釈迦如来坐像を安置しています。 阿育(アショカ)王塔 中品堂と下品堂の間にひっそりと立っています。 アショカ王は紀元前3世紀のインドの王。 この王塔…

続きを読む

九品仏その2・三仏堂

両手をヘソの下で組む上品(じょうぼん)、両手のひらを我々に向ける中品(ちゅうぼん)、右手を上げて左手を下げる下品(げぼん)の3種類。さらに、それぞれの指の組み方で上生(じょうしょう)、中生(ちゅうしょう)、下生(げしょう)の3種類があり、3×3=9種類の阿弥陀様が安置されています。 上品堂・中品堂・下品堂にはそれぞれ三体づつ安置されています。これが九品仏の名の由来です。 手前の屋根だけが…

続きを読む

九品仏その1・駅~仁王門

正式名称「九品山唯在念仏院浄真寺」散策の記録です。浄真寺は奥沢城跡だったこの地に堂塔を配置して創建されたとのこと。 まず東急大井町線九品仏駅。とても小さくこじんまりとした駅です。都会の駅とは思えない佇まいです。 九品仏駅から浄真寺へ向かう参道。 極楽浄土へ繋がる細い道である"二河白道"を意味します。 あの世への道のりを現していて、現世で群賊や悪獣(悪や誘惑の譬え)に襲われようとす…

続きを読む