庚申塔20 目黒区 大円寺

今回は目黒区にある大円寺の庚申塔

「大円寺」 目黒区下目黒1-8
東急目黒線目黒駅を出て、行人坂を下るとすぐ左手にあります。
この寺は寛永元年(1624)出羽三山の湯殿山の大海法印が大日如来を祀り、修験道場を開いたことに始まるそうです。

R0024363.JPG
庚申塔は門を入ってすぐ右手に3基並んで立っています。


R0024364.JPG R0024365.JPG

寛文7年(1667) 板碑型 文字「爲奉供養庚申塔二世安楽」三猿 

R0024366.JPG R0024367.JPG

R0024372.JPG R0024373.JPG

貞享元年(1684) 笠付型 日月「ウーン 奉供養青面金剛」三猿 
この庚申塔は側面に「三界萬霊等」「南無阿弥陀佛」と彫られているので供養塔として立てられたものでしょう。

R0024368.JPG R0024369.JPG

寛文8年(1668) 板碑型  文字「アーンク 奉供養庚申二世安楽祈所」三猿  
 

散策の活力になります。よろしかったらクリックして下さい。
カワイイブログランキングバナー デジカメ全般 - 写真

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック