三の酉 浅草鷲神社

11月28日は三の酉。そう酉の市の日です。
今回は浅草の鷲神社に行ってきました。
浅草の鷲神社の酉の市は現在の足立区花畑の大鷲神社と共に、江戸時代から続いていて、熊手屋さんと露店の総数は周辺までも含めて約210店になります。人手は毎年60万人を超える、最大規模を誇る酉の市です。

酉の市(酉の祭)は、鷲神社御祭神の御神慮を伺い、御神恩に感謝して、来る年の開運、授福、殖産、除災、商売繁盛をお祈りするお祭です。

三の酉の年は火事が多いといわれますが、これは地方などに宵に鳴かぬ鶏が鳴くと「火事が出る」といわれたことから出た俗信です。鶏は神の使いであるとされ「時」を知るために飼われました。三の酉の頃になると次第に寒さを増し、火を使う機会も増えることから火に対する戒め、慎みからいわれたのでしょう。「鷲神社HP」より

R0022622.JPG鷲神社の入り口です。
提灯と共に大きな熊手が掲げられています。


R0022618.JPG本堂の前にもたくさんの提灯が掲げれれています。
夕方にもかかわらず、たくさんの参拝客で境内が溢れていて、流石に最大規模の酉の市です。


DSC11384.JPG所狭しと並ぶ熊手屋の屋台とひしめき合う人の波です。すぐ後ろから押されちゃいます。


DSC11430.JPGあちこちで響く手拍子!いなせな半被を着てシャンシャンシャン!


DSC11415.JPG


昔の熊手も展示されていました!今のと比べると質素ですよね。
江戸時代の熊手 DSC11397.JPG DSC11395.JPG


12月の酉の日に酉の市を行なうところもあるようですが、一応これで今年の酉の市も終わり。いよいよ年の瀬へと向かっていきますね。

散策の活力になります。よろしかったらクリックして下さい。
カワイイブログランキングバナー デジカメ全般 - 写真

この記事へのコメント

  • 下町ウォーカー

    はじめまして、ブドリさん。
    下町ウォーカーと申します。コメント&TBありがとうございました。

    写真もきれいに撮れていますね。
    酉の市のあの賑わいが伝わってきそうです。
    わたしも境内に並んだ色鮮やかな熊手をながめていたら元気が出てきました。
    それにしても「よし田」さんの手〆の様子がとっても粋ですね。

    酉の市が終わるといよいよ年の瀬。
    今年も、もうひとふんばりがんばりましょう。
    これからもよろしくお願いします。
    また、おじゃまします。
    2006年11月29日 18:55
  • ブドリ

    >下町ウォーカーさん
    訪問&コメントありがとうございます。
    酉の市の熊手も楽しいですし、なによりあのシャンシャンシャンを聞くといいですね。
    酉の市が終わるとホントに年の瀬ですね。
    忙しく年が過ぎますね。
    これからもよろしくお願いします。
    2006年11月30日 08:36

この記事へのトラックバック