根津神社

根津神社(ねづじんじゃ) 
東京都文京区根津にある神社。「根津権現」とも呼ばれています。
日本武尊が1900年近く前に、創祀したと伝える古社で、東京十社の一つに数えられています。境内はつつじの名所として知られています。
1706年(宝永三年)、江戸幕府五代将軍・徳川綱吉が現在の社殿を奉献、権現造(本殿、幣殿、拝殿を構造的に一体に造る)の傑作ともされている。社殿7棟が国の重要文化財に指定されています。千駄木の旧社地より御遷座しました。

○御祭神
須佐之男命(すさのおのみこと)・大山咋命(おおやまくいのみこと)・誉田別命(ほむたわけのみこと)・大国主命(おおくにぬしのみこと)・菅原道真公(すがわらみちざねこう)

DSC02024.JPG
 後遷座300年大祭だったので多くの人出がありました。
 正月でもこんなに人が要ることないのに今日はすごいなぁといっている人がいました。

DSC02025.JPG

DSC02027.JPG 新しく整備された架橋と楼門です。
 ホントに人が多くて撮りにくい!


DSC02037.JPG 拝殿(国重要文化財)
 拝殿の奥に続く幣殿・本殿と一宇に続く、総漆塗りの華麗な権現造建築で江戸の神社建築としては最大の規模を誇る。


DSC02062.JPG 書かれているだけの重要文化財がこの神社には存在するんです。
 なかなかすごい!



根津神社HPはこちら



散策の活力になります。よろしかったらクリックして下さい。
カワイイブログランキングバナー にほんブログ村 写真ブログへ デジカメ全般 - 写真

この記事へのコメント

  • 旅人

    楼門も衛士も修復され綺麗になりました。
    この衛士は向かって左が五代将軍綱吉、右が水戸光圀をモデルに作られています。
    この神社は六代将軍家宣の産土神社として綱吉が奉献しました。早くに父親(綱吉の兄綱重)を亡くした家宣(甲府徳川30万石当主)を叔父の綱吉と父親替わりの後見を務めた水戸光圀が、揃って守る姿を形にしたそうです。
    2015年09月04日 13:23
  • ブドリ

    旅人さん

    古い記事を探し出し、その上コメントまでくださりありがとうございます。
    修復され綺麗になったのですか。
    根津の方にはなかなかいく機会がないのですが、きれいになった楼門などを見に行ってみたいです。
    2015年09月08日 09:47

この記事へのトラックバック